労働者派遣法が廃案!?解散総選挙の影響♪ - きまぐれ美容日記♪20代若返る♪と最新ニュース

スポンサードリンク



労働者派遣法が廃案!?解散総選挙の影響♪

突然降って沸いたように、衆議院が解散総選挙って騒いでいますね。
単純に考えてもお金がものすごくかかりそうですが、しっかりと国や世の中が良くなるようにして行きたいものです。


実はその騒ぎのなかで、労働者派遣法の改正案がひっそりと消え去ろうとしています。(笑)


当初は正社員の仕事が減る!と反対意見も多かったですが、派遣という働きかたもすっかり定着しましたね。
期間限定やわざわざ面接など受けて自分で職を探すよりも仕事に就きやすい、というメリットもありますね。
直接雇用されるパートさんなんかよりも時給も高い傾向にあります。


で、この派遣法、一部の専門職を除き、派遣期間は3年までって定められていたんですね。
3年経ったら、他の職場に行くかや、直接雇用してもらうか…検討する目的のようです。

ですが、専門職に限っては、この3年という制限が無かったのですが、これも最長3年の縛りを付けようと…ということらしいのですが、これだけだと、働くがわにメリットありそうですね。
専門職のかたでも、直接雇用されるチャンスが出てくるわけで、、管理人としては良いのでは?と感じます。


経営者がわとしても、できるだけ頑張るかたを応援しちいですし、正社員になっていただきたいものです。
派遣という働きかたも否定しませんが、大事なのは、正社員希望でありながら、仕方なく派遣という働きかたをせざるをえない場合です。

非正規とか、派遣は生涯賃金が…とも言われますし、働いてくれる人の希望と雇用がわの希望のマッチングは大切だと思います。

雇用側、経営者側も目先の利益だけに走って、安易に派遣社員化、非正規雇用の比率を上げる、というのは避けるべきだと思いますね。


一瞬、見た目の利益率は上がるかもしれませんが、たくさんお給料をもらえないことで、結局社会や経済自体が弱体化してしまい、自社の売り上げが下がる、利益率が下がるということになって行くと思います。


働くがわ、仕事を探す側の高い意識も必要だと思いますが、それに応える会社側もしっかりと社員さんの働きに酬いる、という意識や体制が必要ですね。


野党がここぞとばかりに反対していた労働者派遣法の改正案、最初は条文に間違いが見つかりストップ
再び、解散総選挙の噂が流れてストップ
ということは、労働者側にとって不利な部分があり、世の中、宇宙から改正してはいけない!とストップがかかっているような気がしますね〜

頑張った人が報われるような社会にして行きたいですし、まずは管理人の会社、サロンも頑張る人を応援する場所にしていきます(^-^)v

スポンサードリンク



2014-11-12 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © きまぐれ美容日記♪20代若返る♪と最新ニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます